top of page
  • 執筆者の写真josyojp

お箸を使って


お茶碗の中のポンポンをお箸で挟んでみましょう。 うまく挟めるかな?

お箸を使って指先の使い方を練習します。 お箸を正しく持つことは、えんぴつを正しく持つことに繋がります。 えんぴつを正しく持つことは適度な筆圧のあるきれいな字を書くことに繋がります。

IT社会になって字を書く機会は激減していますが、書く為の基本的なスキルは幼児のうちに身につけたいですね。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

☆くんのお話

「うちのこ、なんだか言葉が遅いみたい」 ☆くんはもうすぐ3才になるおとこのこ。 初めて来られた時にはお母さんにしがみついていました。 場所に慣れてお母さんから離れたら、好奇心のままにあちこち元気に走り回っていました。 それから4カ月がたち、日に日に語彙が増えている☆くん。 療育の間きちんと座って、集中することが出来るようになりました。 机に向かって、書く練習も始めています。 他の子とおもちゃの取り

「れ」が書けたよ~♪

年中さんの◇くんはおべんきょうがだいすき。 今日も机に向かい、鼻歌混じりでひらがなの練習をしています。 お手本を見てていねいに書けています。 ◇くんもうちょっと姿勢よくしましょうか。 えんぴつの持ち方もまだ練習中ですが、だいぶ筆圧が強くなってきました。 クレヨンを持ってくちゃくちゃ描くところから始まって、段階的に進めてきています。 スモールステップで褒められる機会をたくさん持ち、自信をつける。 そ

Comments


bottom of page