top of page
  • 執筆者の写真kaneage josyojuku

じょうしょう塾の思い

じょうしょう塾では、未就学の幼児さんの療育を承っています。

(児童福祉法に基づき、0歳からお預かりできます。)


現在通われている中で最年少のお子さんは、2歳6ヶ月。

言葉数が少ない・落ち着きが無い、などのお困りごとからお問い合わせいただくことがしばしばあります。


学習支援をうたっているじょうしょう塾に対して、まだまだ学習なんて、と思われるかもしれません。

しかし、こどもの成長はめざましく、日々成長してすぐに就学の時期がやってきます。


その時に備えて、個別療育による言葉のインプットは言うまでもなく、いずれ鉛筆を持って字を書く時の為の準備を始める。机に向かうことから始めます。


「うちの子には無理」

そんなことはありません。

そうおっしゃる方のお子さんもきちんと机に向かってクレヨンを持つことができます。

クレヨンが三角色鉛筆になり、鉛筆になり、すくすくと育っていきます。


幼児期は、その後の成長の為の土壌づくりの時期です。

まずは土壌を作り、土台を作っていく。そこがきちんとしていないと、柱を立てることはできません。


学齢期になって、土台が軟弱なままで困るのはお子さんです。

3年後・4年後・10年後を見据えて、今!ここから始めましょう。





閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page