• josyojp

教え込むのは躾けだけ。勉強を教え込むのをやめましょう。


子どもは誰でも勉強ができるようになりたいのです。 向上したいし、進歩したいのです。 でも、だんだん嫌いになることが多いのです。 なぜかというと、親や学校の先生や、とにかく周囲の人間があーだこーだ言いすぎるので、嫌になるのです。 あなたに先生ヅラしてほしいのではなくて、 自分自身が向上したいし、進歩したいのです。 場合によっては、先生ヅラした人なんて、要らないのです。 もちろん、躾けとかマナーとか規律は大事です。 でも、学ぶこと自体は、 本人の問題であって、 周囲は、本人が向上とか進歩しようとする意志を尊重してあげて、 環境を整えて、 サポートしてあげれば良いのです。

「教え込む」というのは、 昔は効率が良いから多用されましたが、 そのルーツは、洗脳です。 本人が向上とか進歩しようとする本能を「利用して」 洗脳しようとしてきたわけです。 でも、インターネットなどにより情報が爆発的に増えた結果、 ウソか本当か分からない??情報??がはびこるようになった一方で、 ウソが簡単にバレるようになってきて、 「教え込む」のが難しくなってきています。 時代が変わったのです。

保護者の感覚は、20年ぐらいズレている可能性が高いのです。 これからの時代を生きていく子どもには、 「教え込む」のではなくて、 自分から主体的に学ぶようにしてあげることが、 最も重要なのだと思います。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日は受験予備校常勝では、夏期講習最終日の総仕上げテストでした。

昨日は受験予備校常勝では、夏期講習最終日の総仕上げテストでした。 自己採点で100点や98点など出ましたが、 例年と比べると、 100点が少なすぎます。 義務教育の小学生や中学生は、 100点をとることだけを考えて日々の勉強をすればいいのです。 だからといって、 小学校の授業中にやるミニテストみたいな誰でも90点がとれるようなことだけしていても、 塾テストのような本格的なテストでは、 100点がと