• josyojp

障害があってもなくても


じょうしょう塾カネアゲ店の代表の吉村仁です。

私がひたちなか市に学習塾を開いてから21年になりますが、

もう6年も前に書いた文章があります。



高田弁護士は中学時代の同級生で、

最も親しくしていた人の一人です。

高田弁護士は高校卒業までは健常者でしたが、

卒業後にバイク事故により半身不随になり、

大学時代、そして毎日新聞社の本社の中枢部・経営者に最も近い部署で働いていた時代も、

最も親しくしていた人です。

私はしがない塾長になった一方で、

高田弁護士は司法試験を突破して、

法律事務所の社長になりました。

半身不随なのに弁護士になった、

不屈の精神のすごい人です。

最も親しい人が身体障がい者なのに弁護士。

だから、障がい者だからといって諦める、

ということを、してほしくないのです。

日本が国際条約に批准したことで、

障がい者の概念が変わりました。

それは良いのですが、

障がい者だからといって、

「思い込み」をしてほしくないと思います。

強い信念があれば、

不可能に思えることも、可能になる。

私自身も0.01の瓶底眼鏡をかけていた時期があるから、

心から、そう信じています。

強い信念があれば、

障害?なんか、克服できる。

まずは、身近な人が、

枠にはめたり決めつけたりするのではなく、

本人の可能性を最大限に引き出してあげること。

もしかしたら、「障がい者?」が、本当は天才かもしれないのです。

いや、「障がい者?」こそ、本当は天才である可能性が高いのです。

そういう想いで、支援をさせていただきます。



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日は受験予備校常勝では、夏期講習最終日の総仕上げテストでした。

昨日は受験予備校常勝では、夏期講習最終日の総仕上げテストでした。 自己採点で100点や98点など出ましたが、 例年と比べると、 100点が少なすぎます。 義務教育の小学生や中学生は、 100点をとることだけを考えて日々の勉強をすればいいのです。 だからといって、 小学校の授業中にやるミニテストみたいな誰でも90点がとれるようなことだけしていても、 塾テストのような本格的なテストでは、 100点がと