top of page
  • 執筆者の写真josyojp

三寒四温


コロナ禍の状況下だけれど、こども達は確実に成長しています。

この先の希望と不安。胸を躍らせたり曇らせたりしていることと思います。

「将来は〇〇になりたい」「〇〇がもっと好きになりたい」「〇〇がちょっと苦手なの」

そんなお話を聞きたくて、聞かせてほしくて、じょうしょう塾カネアゲ店でお待ちしています。

塾長の親友は十代の頃の交通事故で障害を負いながらも、猛勉強の末弁護士になりました。

障害があるから諦める? いいえ、やり方はきっとあるはずです。親友は塾長に勇気をくれました。

先のことを考えて不安になるよりも、今できることを探して始めましょう。

じょうしょう塾は

チューリップもクロッカスも、それぞれが花咲く日に向かって進んで行けるようお手伝いします。

ご見学・ご体験歓迎いたします。ぜひいらしてください。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

☆くんのお話

「うちのこ、なんだか言葉が遅いみたい」 ☆くんはもうすぐ3才になるおとこのこ。 初めて来られた時にはお母さんにしがみついていました。 場所に慣れてお母さんから離れたら、好奇心のままにあちこち元気に走り回っていました。 それから4カ月がたち、日に日に語彙が増えている☆くん。 療育の間きちんと座って、集中することが出来るようになりました。 机に向かって、書く練習も始めています。 他の子とおもちゃの取り

「れ」が書けたよ~♪

年中さんの◇くんはおべんきょうがだいすき。 今日も机に向かい、鼻歌混じりでひらがなの練習をしています。 お手本を見てていねいに書けています。 ◇くんもうちょっと姿勢よくしましょうか。 えんぴつの持ち方もまだ練習中ですが、だいぶ筆圧が強くなってきました。 クレヨンを持ってくちゃくちゃ描くところから始まって、段階的に進めてきています。 スモールステップで褒められる機会をたくさん持ち、自信をつける。 そ

Comments


bottom of page